Author: tomohito

「老子道徳経」第19章 意訳・考察

◎第19章 絶聖棄智、民利百倍。絶仁棄義、民復孝慈。絶巧棄利、盗賊無有。此三者、以爲文不足、故令有所屬。見素抱樸、少私寡欲。 [書き下し] 聖(せい)を絶(た)ち智(ち)を棄(す)てれば、民(たみ)の利(り)は百倍(ひゃくばい)す。仁(じん)を絶(た)ち義(ぎ)を棄(す)てれば、民(たみ)は孝慈(こうじ)に復(かえ)る。巧(こう)を絶(た)ち利(り)を棄(す)てれば、盗賊(とうぞく)有(あ)ること無(な)し。 此(こ)の三者(さんしゃ)を以(も)っても文(ぶん)足(た)らずと為(な)す。故(ゆえ)に属(ぞく)する所(ところ)有(あ)ら令(し)めん。 素(そ)を見(あら)わし、樸(ぼく)を抱(いだ)き、私(し)を少(すく)なくし欲(よく)を寡(すく)なくせよ。 [意訳] 聖(せい)を絶(た)ち智(ち)を棄(す)てれば、民(たみ)の利(り)は百倍(ひゃくばい)す。 高邁な理想や知識を手放してみれば、みんなの豊かさは100倍にもなる。 仁(じん)を絶(た)ち義(ぎ)を棄(す)てれば、民(たみ)は孝慈(こうじ)に復(かえ)る。 人に、世界に貢献するには、「こうでなければならない」「こうあるべき」という思いを捨てれば、みんな自然と思いやりを持つようになる。 巧(こう)を絶(た)ち利(り)を棄(す)てれば、盗賊(とうぞく)有(あ)ること無(な)し。 「もっと効率的にやること」「もっと利益を上げること」を重視しなければ、盗賊なんかも生まれてこない。 此(こ)の三者(さんしゃ)を以(も)っても文(ぶん)足(た)らずと為(な)す。故(ゆえ)に属(ぞく)する所(ところ)有(あ)ら令(し)めん。 この3つの例をあげても、言葉足らずだから、全てに言えるポイントを言うと、 素(そ)を見(あら)わし、樸(ぼく)を抱(いだ)き、私(し)を少(すく)なくし欲(よく)を寡(すく)なくせよ。 必要以上に飾ることなく、純朴なまま、自我を弱めて、欲を少なくしよう。 [考察] 大層な「理想」をかかげたり、もっと良くするために「知識」を付けたりするけど、 それを求めた結果、今の世の中はどうなってる? みんなが「(自分が)もっと多くを得よう」という気持ちを手放した方が、本当はもっと豊かになれるだろう。 「人は社会に貢献するためにこうあるべき」とか「社会の為にもっと頑張らないといけない」というような「仁義」をかざして、 みんな「頑張って」生きてきた結果、今の世の中はどうなってる? 人にはそれぞれ「その人の役目」という物があって、みんながみんな、分かりやすい形で世の中に貢献できるわけではない。 例えば、極端な話、「医者」という仕事も、「病人(けが人)」が居なければ成立しない。 「医者が偉い」というわけでも、「病人はダメ」というわけでもない。 「医者」で居られるのは、「賢い」からでも「技術がスゴイ」だけでもなく、「患者」が居るおかげ。 「患者」は「医者」を成立させるために貢献しているともいえる。 「大人とはこうあるべき!」なんてルールが無ければ、誰も「良く」も「悪く」もなくて、 全体を成り立たせている要素でしかない。 そんな風に捉えることができれば、「私がこうやって生きられているのは、私が生きるための術(仕事や家庭など)を一緒に作り上げてくれる誰かが居るからだ」 と分かる。そう理解すれば、自然と相手に対する慈愛が湧いてくる。 「もっと効率的に!」「もっと利益を上げよう!」と頑張ってきて、今の世の中はどうなった? 「効率的にできない」「利益を上げられない」人は「ダメな人」と言われて、 自分でも、「私ってダメだわ」と思わされて、 「社会的な仕事ができる人が偉い」「お金持ちが偉い」みたいなことになってる。 それはただ、「人それぞれ得意なことが違う」というだけで、 「社会に貢献するにはこうでなければならない!」なんて思い込みを捨ててしまえば、 みんな「才能のかたまり」で「伸びしろしかない」存在。 でも、この世の中ではなかなか、その生かし方が見えにくくなっているだけ。 そして、「こうでなければいけない」という社会の中で、「落伍者」とされた人たちが、「人から奪う」ということしか道がなくなっていく。 「仕事」なんて、昔は、「あの人って物を作るのがうまいよねえ」と言われて、「大工」になっていったり、 「あの人って歌が上手い」から「歌手」になっていったり、 その人が一番得意なことが、自然と「人の力になれる、役に立てる」から「仕事」になっていった。 でも現代は、その「仕事」が、「できるだけ多くのお金を稼ぐための手段」になり、「自己顕示欲、自己承認欲求を満たすためのもの(社会で成功者になるため)」になってしまって、 「仕事をすることの意味」が見えにくくなってしまっている。 だから、まずは「原点」に帰ることが必要だ。 「必要以上に着飾らず」 確かにきらびやかな服装で、優雅な生活をしていると、みんなから「すごい」と言われて、気分も良いし、みんなも憧れるけど、 今度は、「これを保たなければいけない」「私が落ちぶれてはいけない」「いつまで若々しく居ないといけない」なんていう緊張感が増していく。 これは幸せと言えるだろうか? 「純朴なまま」 子供の頃はあんなに自由で、楽しくて、悩みも少なかったのに、 大人になっていって、「知識」も「お金」も「できること」もこんなに増えて、 「幸せを手に入れている」はずだったのに、 子供の頃より楽しそうな人がどれだけいるだろう? それは、大人になるにつれて、 「知識」が増えて「マウンティング」や「正しい・間違ってる」みたいなルールも増えて、 「お金」が増えて、子供の頃より自由に買えたりすることも増えたとしても、 「これが減ったらどうしよう」「もっと稼ぐにはどうしたらいいだろう?」と不安や緊張も増え。 「できること」が増えたら、求められることも責任も増えるし、それが「できなくなった」ら悲しいし・・・ そうやって、「しがらみ」「不安」「責任」「プライド」・・・自分を縛るものがどんどん増えていく。 だから、「私はこうでなければいけない!」なんてルールを緩めて、 「もっと欲しい!たくさん持つことで満たされよう」ということをやめれば、 あなたはもっと自由で、もっと幸せを感じられるんだけどな。 その根本を実感したら、本当の慈愛を持って、もっと自由に生きればいい。

[メイン024]「超願望実現マニュアル」

今回は、「新年鑑定2024デラックス」の方に特典としてつけた、 「超願望実現マニュアル」をシェアしたいと思います。 ☆超願望実現マニュアル さて、まず最初に理解しておいてもらいたいのは、 「私たちの意識は、自分が心底信じていることを見る」 これが基本だということを覚えておいてください。 あなたが心底「それが実現する(している)」とか「私にはできる!」と信じ切れたものは実現します。 しかし、世の中の「成功法」「願望実現法」「現実創造法」というのは、 その書いている人、解説している人の「根本的な性質」や「知識」が影響してくるので、 どうしても、「Aさんにはすごく効果があったけど、Bさんは全然叶わない」 ということも起こります。 なので、僕はできるだけ「誰でもこの方法に従えば、願望を実現できる」という方法を、 とにかく古今東西の本やセミナーなどを学んで、その中から抽出した「エッセンス」を凝縮して、まとめてみました。 これを読めば、基本的な「願望実現法」の基本から知識、具体的な方法まで知ることができて、 あとは、それを実践すれば、あなたの望みを叶えていけるでしょう。 ◎残念なお知らせです ここで残念なお知らせをしなければいけません。 この方法は、巷の「◎◎をすれば、すぐに願いが叶う!」「3カ月で月収100万円!」というような、 派手な方法ではありません。 (そういう方法の殆どは、かなり条件が揃わないと難しいものがほとんどなので、誇大広告に近いものも多いですが・・・) まずは、ある程度「自分と向き合う」ということが必要になってきます。 多くの人はこの「自分と向き合う」ということが嫌で、面倒臭いので、 「簡単!開運法!」とか「一つの習慣で魔法が使える!」みたいな方法に飛びつきますが、 それで本当に叶っていく人がどれだけいるでしょうか? 時には、その「手法」を解説している人のことを信頼していて、 「この人の言うとおりにやれば、叶うんだ!」と信じてやれば、叶う時もあるでしょうけど、 これはかなり時と場合によります。 しかし、逆に「自分に向き合う」ということをしっかりとやってみると、 「ああ、なんだ、私の望みってこういうことで、こうすればよかったのか」 と「静かな気づき」が起こり始め、 段々と「努力なし」に望みが叶うようになっていきます。 それでは早速、順番に解説していきます。 ☆[第1章]「超願望実現マニュアル」基本編 まず、これからあなたが「思い通り」の人生を生きていくために、必要な基本的な「知識」の部分を書いておきたいと思います。 これを理解しているのと、していないとではかなり違いが出てくると思います。 1,私たちは「ほんの一部」しか見られない。 これは、僕の教材や講座を受けてもらった方にはおなじみの概念で、 僕の「NLAメソッド」や「高次元からの成功法則」の「根幹部分」ですが、 私たちは、「この世界」を、「五感(視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚)」からの「情報」を基に、 「私の外側にはこんな世界が広がっている」と認識していますが、 「外側の世界」を直接認識しているのではなく、 「五感」を通して感じた「情報」を「脳内(意識内)」で集めて、「再構築」したものを脳内で「再生」して、「現実」として認識しています。 そう、私たちは、「外の世界」を直接見ているのではなくて、「脳内で再生されているもの」しか見られないのです。 (精神疾患や認知症などによって、その「再生される映像」がみんなと違ってしまった人は、他の誰にも見えないものを見たりするのです。) 一説には、私たちは、今目の前に存在する、「何万分の一」くらいの「情報」だけしか同時に認識できていない、 つまり、「この世界」のほんの一部だけをとらえて、「これが世界だ」「これが私の現実だ」と思いこんでいるということです。 これの分かりやすい例えが、 「私たちは、向こう側が見渡せないような巨大な倉庫の中で、懐中電灯で照らした部分だけを、『世界だ』と思いこんで生活している」 という感じです。 つまり「この世界」には、まだまだ、本当は目の前に存在しているのに、 あなたが「私はこうである」と思いこんでいるために視野が狭まって、見えなくなっているものがたくさんあるということです。 2,「外の世界」は存在しないかもしれない。 そして、これを言うとややこしくなるかもしれませんが、 もっと言ってしまえば、私たちは、「自分の体の外」に出ることはできないので、 「私の外側に世界が在る」と確認できません。 もしかしたら、脳内で?「超リアル臨場感VR動画」を見ているだけかもしれないのです。 もし「VRゴーグル」を装着して、「映像+音」だけでなく、「香り、感触、味」までが感じられたら、 「現実」と区別がつくでしょうか? まあ、難しく考えないでください。言いたいことは、 「確固たる現実」という物は無くて、私たち個人個人が見ている「世界・現実」は「脳・意識」内で、再生されている「リアル映像」に過ぎない。 ということです。 だから、同じ部屋に居て、同じ時間を過ごしても、 「あの時こんなことがあってさあ」 「え?そんなことあった?」 というような記憶の違いも生まれてきます。 「人それぞれ違う世界を観ている」と言っても良いでしょう。 3,私たちはすぐに「幻覚」を創り出す。 これも僕のブログやInstagramではよく書いていますが、 有名な「感覚遮断実験」などをはじめ、 真っ暗な無音の狭い部屋に閉じ込められると、人間はすぐに 「幻覚」を見始め、「幻聴」を聞き始めると言われています。 早い人では10分くらいで、「幻覚」「幻聴」が始まり、それが続くと、 「現実」と「幻覚」の区別がつかなくなり、気が狂ってしまう人も出てきます。 このように私たちはすぐに「幻覚」を創り出すのですが、日常的に、 「全く幻覚を見ていない」と言い切れるでしょうか? 「さっきこんなことがあって・・・」ということは、本当に起こったでしょうか? 4,記憶はどんどん改ざんされる 私たちは、たくさんの記憶を持っていて、 その記憶の集まりを、「私」と認識しています。 「日本に生まれて、男性・女性で、◎◎家の子供で、左利きで・・・」という感じに。 しかし、これも色々な実験で、被験者に何か特定の「体験」をしてもらって、 それを1か月後、半年後、一年後・・・という感じで話を聞いていくと、 人によっては、一年後に「50%以上の記憶が改ざんされている」ということが分かったと言います。 また、あるドキュメンタリー番組で、あのアメリカの大事件「911 同時多発テロ」を特集していた中で、 ある女性に話を聞くと、「あの時は、家の自分の部屋に居たんだけど、窓の外を見ていたら、凄い砂煙が舞っていて・・・」 と言うのですが、家と事件現場の位置関係を検証すると、事件があったビルからの距離や角度的に、 どう考えても、その子の家の窓の外に「砂煙」が見えるはずがないのです。 つまり、どうもニュース映像などで見たシーンと、当時の「自分の部屋に居た」記憶がミックスされて、 「私が体験した記憶」として記憶されている場合もあるのです。 そして、私たちが「今見ている」と思っていることも、 「現実」を「目」が見て、その「映像情報」を「脳」に取り込んで、それを編集したものを見ています。 つまり、「ほんの少し前の記憶」と言ってもいいのです。 そこに、「自分の思い込みが創り出した幻覚」が入り込まないと言い切れるでしょうか? 「1年前のあの時あなたは、こんなことを言ったわよね!?」 「え?そんなこと言ったっけ?」 この時、あなたの「この人はこんなことを言いそう」という「思い込み」が「一年前の記憶」を勝手に「改ざん」してないと言い切れるでしょうか? ◎「現実」は不確かなものである! ここまで書いたように、とにかく言いたいことは、 私たちは、「確固たる現実・世界」の中に生きているのではなくて、 もしかしたら、「全て幻想」かもしれないような不確かな世界で、 もしかしたら、いつの間にか「思い込み」によって「改ざん」されているかもしれない「記憶」を持って、 もしかしたら、いつの間にか「幻覚」を見ているかもしれなくて、・・・ というような「不確かな世界」を見ているのです。 これが、「悟りを開いた人(覚者)」が、「この世はすべて幻想である」「思い込みで世界はできている」と口を揃えて言う理由です。 じゃあ、「思い込み」を変えれば、「違う現実」が見えてくるのは当然とは思いませんか? ☆[第2章]「願い」は叶わない! さて、いきなりトンデモなことを言い出した、と感じる方も居るかもしれませんが、 実は、私たちの「願い」は叶わないのです。 このマニュアルも、多くの人に分かりやすいように「願望実現」というタイトルにしていますが、 「願望」は叶いません。 […]